ゲルマニウムについて

丁稚小僧(でっちこぞう)

丁稚(でっち)とは、商家に年季奉公する幼少の者を指す言葉。職人のもとでは弟子、子弟とも呼ばれ、他店や客からは「丁稚どん」又は「小僧」「坊主」などと呼ばれていた。

江戸時代に特に多かった。幼い丁稚は、まず奥の仕事(掃除、水汲み、薪割り、風呂焚きなど)から修業した。
住み込みの為に番頭などから礼儀作法や商人としての「いろは」を徹底的に叩き込まれ、そういう中で、行儀や挨拶をしつけられた。

1.松下電器の創業者である松下幸之助は少年時代、大阪の船場などに丁稚奉公して火鉢店や自転車店で仕事を手伝っていた時期がある。

2.本田技研工業の創業者である本田宗一郎は少年時代、東京の自動車修理工業に丁稚奉公として修理技術を磨いた。

私も住み込みで働いたことがある。
仕事と生活を共にする中で、相手が何を求めているのか、何を知りたいのか、
など生きていく術を学んでいったように思う。

相手より先回りして推測するようにしている。

現在まで経営が継続しているのは、もちろんお客様のお蔭であるが、
プラス、この術のお蔭だと思っている。

関連記事

フリーダイヤル:0120-23-8819
メール:info@soseikan.co.jp
↑画像をクリックすると「お問い合わせ」画面が開きます。
下記ネットショップにて出店中(一部商品のみ) Yahooゲルマニウムの蘇生館 Amazonゲルマニウムの蘇生館

ページ上部へ戻る