ゲルマニウムについて

私とゲルマニウム、運命の出会い。

私がゲルマニウムと出会ったのは、1975年頃のことでした。

当時私は空調・防災関係の仕事に携わっており、度々海外に出向き、外国人技術者と寝食を共にするような生活を送っていました。半導体やその原料である石炭は日常的に目にしていましたが、それと健康の関係についてなど考えてもみませんでした。
しかしあるとき、その外国人技術者からもらった手紙がきっかけとなって「ゲルマニウム」そのものに興味をもつようになりました。夢中になって新聞や書籍を読み漁り、ゲルマニウムの父と仰がれる日本人研究者、浅井一彦博士の「ゲルマニウム有機化合物1971年特許公告論文」と出会ったのです。

「機械の材料」として使っていたゲルマニウムが、「人体に及ぼす影響」を科学的に分析した論文に、目から鱗が落ちたようでした。

(これを使って健康になる方法があるに違いない!まだ誰もやったことがないなら、自分がやろう!奇跡を起こそう!)

私の人生の方向を決めてくれた、運命の出会いでした。

ゲルマニウムは、自然界に存在する物質であり、人工的にバランスを欠いた私たちの身体を、元の自然な形に導いてくれる奇跡のミネラルなのです。

これからこのブログで、ゲルマニウムの理論や活用法を語っていきたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

電 話:0120-23-8819
メール:info@soseikan.co.jp
↑画像をクリックすると「お問い合わせ」画面が開きます。
下記ネットショップにて出店中(一部商品のみ) Amazonゲルマニウムの蘇生館 Yahooゲルマニウムの蘇生館

ページ上部へ戻る