ゲルマニウムについて

ゲルマニウムの歴史

ゲルマニウム有機化合物(浅井ゲルマニウム)の誕生

ゲルマニウムの歴史 の始まりは、浅井一彦工学博士のひらめきとアイデアを盟友である及川浩理学博士の指導の下、研究員たちの努力によって、水に溶ける有機ゲルマニウム化合物「2-カルボキシエチルゲルマニウムセキスオキシド」の合成発見をされたのです。 工学博士で浅井ゲルマニウム研究所長である浅井一彦氏により、昭和42年(1967年)ゲルマニウム有機化合物が合成発見されたことで、このゲルマニウム有機化合物は、世界保健機構(WHO)により開発番号Ge-132の付番をされたのです。
※類似番号に留意してください。

(特許公告論文の一部抜粋)
「生体内の異常細胞電位を変化させて、その機能の停止作用云々について、ゲルマニウムは32個の電子を持つ原子であり、32個の電子中の4個は外側にあって、浮動性があり、環境しだいではその電子がとび出す性質がある。この4個の内、1個が飛び出すとそこに電位のポジティブポール(陽極)を生じ、周囲より電位を吸い込む現象が生じる。」

浅井博士の有機ゲルマニウム特許公告論文化学式:(GeCH2CH2COOH)2O3
化学名:2-カルボキシエチルゲルマニウムセキスオキシド
一般名:レパゲルマニウム

 

浅井一彦博士の(ゲルマニウム有機化合物)特許(確定)公告により、素晴らしい魅力のある物質は、それぞれ専門分野の注目を集めるところとなりました。それに乗り遅れまいと、いわゆる魑魅魍魎(ちみもうりょう)のうごめきと跋扈(ばっこ)があります。
世界保健機関(WHO)での一般(化学物質)登録名、レキサゲルマニウムとプロキシゲルマニウムは、同一物質でないなら違いを示すようにとの打診があり、同一物質なら登録名をレパゲルマニウムにしてはどうかとの打診で、浅井ゲルマニウム研究所の浅井一彦博士は了承しました。

日本医師会の武見太郎会長(当時)は、二酸化ゲルマニウム(GeO2)の生理活性作用に着目、研究をしていたが、その後断念をした経緯があります。浅井一彦博士のゲルマニウム有機化合物の合成発表から、WHOにより顕著な人体に有効である化学物質の開発と認められ、付番された化合物を、実際は武見自身も飲用をしていました。

ゲルマニウムは名称から金属のように思われるのですが、金属と非金属の中間、類金属(亜金属)であり、ケイ素やセレニウムがあります。 純度の高いゲルマニウムは、硬くて脆く、金属のように光沢があり、一般に金属類の伝導率は良いのですが、類金属(亜金属)の場合、一定方向にのみ電気を通し、そのために交流電気は1/2カットされるので、ゲルマニウム・ケイ素・セレニウムに交流電気を通すと、その先は直流電気になる性質で、いわゆる半導体です。

これまで個人や会社を含めて29人の特許出願人が約70件もの特許を出願していることからも、ゲルマニウムがどれだけ魅力のある物質であるか分かると思います。工業用(半導体に使われる)二酸化ゲルマニウム(GeO2)を有機化合物にするには、専門知識を必要とし、また費用がかかる作業の為、そのまま健康食品または飲料として、販売をした業者たちの事故発生がありました。

外用(身体に貼る)ゲルマニウム

二酸化ゲルマニウム(GeO2)の飲用はできないが、ゲルマニウムの半導体の特性を生かして、今度は皮膚をとおして外用で健康効果が出ないかと考えられました。

以前から、粒状の物質をツボに貼ることで、ツボに刺激を与えて、経絡をとおして健康効果を得るという考えがあり、実際にそういう健康法がありました。

粒状の物質はなんでもいいのですが、その物質をゲルマニウムにすると、より効果が得られるのではないかと発想されたのです。

そうやって、次世代の開発者――濱田徹氏によって、ゲルマニウムの電気的特性を応用した金属粒が発明されました。

これが肩こりや筋肉痛に効果があるということで、ゲルマニウムの第二のブームのきっかけになったのです。

※ゲルマニウム製品の外用には、特許公告論文抜粋の通り、装着での効果は満足できると考えます。

 

ゲルマニウムが歩んだ40年・・・

 

関連記事

ページ上部へ戻る