ゲルマニウムについて

有機ゲルマニウムの 安全性

有機ゲルマニウムの 安全性
「急性毒性試験」では、イヌ(雄)への投与で、その「LD50値」(50%lethal dose=半致死量投与した動物の半数が死亡する推定される量)は、8500mg/kg以上であることが明らかになりました。
これを体重60kgに換算すると510g以上になり、一度にそんなに大量に飲む事などあり得ることではありません。
その他、亜急性・慢性毒性試験(3ヶ月及び1年間、毎日大量に投与する試験)、生殖発生毒性試験(妊娠前・中・後期にそれぞれ雌雄動物に投与し、生殖への影響を見る試験)、3世代に亘る繁殖試験、抗原性試験(アレルギー性)、変異原性試験(復帰突然変異試験・小核試験・培養細胞による染色体異常試験)でも、有機ゲルマニウムは何らの毒性も示さないことが確認されています。
【「有機ゲルマニウムの科学」から引用】 <P20 L9~L16まで>

 

このように、有機ゲルマニウムはたくさんの試験をしておりますが、これらの試験に置いて、何の毒性も無いことが証明されているのです。 また、有機ゲルマニウムと混同されやすい無機ゲルマニウムでは、死亡事故があったため、当時多くの研究機関で実験が行われていました。
その結果が下記です。
この無機ゲルマニウムをラットに24週間経口投与して調べてみると、臨床的にも肝臓の機能障害の指標となる血清尿素窒素の上昇、クレアチニンおよびリンの上昇、クレアチニンクリアランスの低下、体重の減少ほか、肝機能の異常が認められ、死亡する動物も発生しました。
さらに無機ゲルマニウムを投与した動物の病理学的組織検査では、肝臓遠位尿細管にPAS(p-アミノサリチル酸)染色要請の顆粒沈着と、空胞性退行変性(半定量的には95%)を認め、また、腎組織中のゲルマニウム含量では、有機ゲルマニウム投与郡や無投与対象郡に比して優位な上昇も認められてのです。(九州大学医学部第二内科学教室・佐内透ら)。
したがって無機ゲルマニウムの長期摂取例に特徴的な腎症は、無機ゲルマニウムが腎組織に残留する為であると考えられるわけです。このため1988年に厚生省から無機ゲルマニウム(GeO2)の継続摂取を避けることや、ゲルマニウムを食品の原料とする場合は、予めその安全性を確認して使用するように注意喚起がなされています。

ガン細胞に挑む

【ゲルマニウムと私 浅井一彦著 玄同社刊 から引用】
ガンに関して、素人が何かいう事は、タブーとされている
それだけに、私は、ガンが一般の病気とは異なる何か、人間の一種の宿命のようなものを背負っていると考える。

しかし、私はいま、ゲルマニウムがガンを対症的に直すとはいわない。ガンという悪魔の手から、人間を救い出してくれると主張するのである。

さて、ゲルマニウムは半導体と呼ばれているとおり、この原子の電子は、他の多くの原子にない独特の電子物性を持っている。
トランジスターとかダイオードに用いられるのも、そうした特性からだ。ゲルマニウム原子は32個の電子を持っているが、一番外側にある4個電子は、内1個が周囲の環境によって飛び出してしまう性質がある。すると、そこに電子の落とし穴が出来、他の電子を引きずり込むことになる。こういった電子の動きをうまく利用して、電子工学的に増幅(トランジスター)したり、整流(ダイオード)することで活用されているわけである。

何度も繰り返すようだが、生体は電気の極超微少粒が凝集して出来ているのであり、各部分は、それぞれ固有の凝集体としての機能を果たしている。
したがって、各々が決まった電位を持っている。その電位が狂ってくると病気が発生するのだから、その電位を正常に戻さなければならないわけである。ゲルマニウムは、電位を正常位にする為に素晴らしい働きを示すのである。

そこで、最も注目されているガンを例にとってみよう。 ガン細胞の電位が他の正常な細胞の電位と明らかに異なっていることは、すでに知られている。ガン細胞膜の電位は高くて、激しく変動している、と専門書は書いている。猛烈に細胞が増殖するのだから、当然のことだろう。(中略)

痛みというのは、脳に与える一種の警報みたいなもので、痛みの発生したところから神経細胞を通じて、電子が次々とリレー式に移動し、脳に伝達されてはじめて「痛み」を感じるという仕組みになっている。麻酔は薬の作用で、一時、電子の移動を停止させるから痛みを感じなくなる。

もうおわかりだろう。半導体の特性で、神経細胞中を流れる電子の動きを攪乱し、移動を停止してしまうのだ。
<P147~P152まで>

 

 

 

関連記事

電 話:0120-23-8819
メール:info@soseikan.co.jp
↑画像をクリックすると「お問い合わせ」画面が開きます。
下記ネットショップにて出店中(一部商品のみ) Amazonゲルマニウムの蘇生館 Yahooゲルマニウムの蘇生館

ページ上部へ戻る